SEの転職先におすすめの業界

SEの転職先はIT業界以外もある?

SEは業務時間が長いことや、パソコンの前での作業ストレスから異業種に転職していく人も多いです。もちろんまたSEに転職する人が一番多いのですが、IT意外の業界の社内システム担当が多いでしょう。介護などの福祉業界や飲食に行く例も多いのですが、この場合は前職の経験を活かすという観点はないです。

前職の経験を活かすというのであれば、やはり異業種のシステム部門でしょう。特にもともと扱っていたシステムと関係の深い業種であればより転職は有利です。たとえば金融系のSEをやっていたのであれば、金融系の企業の社内SEが入りやすいです。また、業務上社内のシステム部門が顧客であったかもしれません。その場合は、ベンダー側の目線も持っている人材というのは貴重な人材です。

案外発注する側はベンダーがどのようにシステムを作っているのかも、そのシステムのロジックなどもわかっていなかったりします。直接的には関係なくても、ベンダー側の人への需要は大いにあります。

社内SEとして異業種へ転職できる?

社内SEとしての異業種への転職は可能です。むしろベンダー系のSEから社内のシステム部門に転職するケースは多いです。

社内のシステム部門からしても、ベンダーでの業務経験は需要があります。社内のシステムはだいたい発注して開発してもらい、それを使っている場合が多いのですが、案外システム部門の人はそのシステムのロジックまで知らない場合が多いです。

ひどい場合だとそのシステムが作られている言語を知らない場合もあります。実際それでも動いていれば問題ないのですが、不測の事態は起こりえます。また、少し改良したい場合などもあるでしょう。
そのような事態の際には、自分で直さないまでもベンダーに連絡することになります。連絡したときにシステムのことをよくわかっていないとやり取りが滞ったりします。またバグの原因をログから発見できたりするだけでも、ベンダーは助かります。

このようなことから、ベンダー経験者の需要は多いのです。

SEの給料が高い業界は?

SEの給料が高い業界としては、やはりITの分野が高いといえます。この分野は最近では特にSEの必要性というものが高くなっているので、転職をするならねらい目ということはいえるでしょう。

というのは、今はどんどんとデータのデジタル化が進んでいることと、クラウド化というものが進んでいることがあります。特にこのクラウド化というのは、時代の最先端であるIT分野においては、欠かせない技術となります。そのため、SEもこのクラウド化を推し進めることが求められることになることがおおいでしょう。

クラウド化をすることが出来れば、いつでもどこでもデータへのアクセスが出来て、仕事の効率化がそれまでとは全く違うものとなります。営業先でもどこでもネットが使えることになるので、営業的にもこれが使えるのとそうでないのとでは全く違うことになります。

ですから、今ではSEは会社の生命線を握っているとも考えられるぐらいのものとなっています。ですから、給料も高くなるのです。

SEでも残業が少ない業界は?

SEは基本的に残業が多い仕事となっており、この残業の多さゆえに転職を考えているという人は少なくありません。

ただ「残業が多くて辛いがSEの仕事自体は好き」という人だと、同業種で残業が少ない業界は無いのかという疑問を抱くようになるものです。
これについて業界としてどこかというのは難しい問題なのですが、傾向的に社内SEと呼ばれるようなところは残業が少ないとされています。

一般的なSEは客先からの発注を受けて工程を管理して納品するわけですが、社内とつく場合にはその社内で使用されているシステムの保守管理がメインの業務になります。
残業が多くなる理由はいくつかあれど最も大きいのは顧客との折衝、主に追加の工程の発生やその後のバグフィックスなどなわけですから、そうした顧客との折衝が省かれるだけでかなり残業は少なくなるのです。

ただ残業が少ないということはそれだけで多くの人にとって魅力的な存在であるのもまた事実でしょう。
そのため求人が出ても有望な人材がすぐに入ってしまう競争率の高いところであるのは認識しなくてはなりません。

よってもし残業の少ない同業種に転職したいということであれば、まず自分の能力を高め、採用する側にとって魅力的な人材になることが必要になります。

SEの転職で気をつけるポイント

SEに転職する際に人事がもっとも見るポイントは、多くの場合、最低限のコミュニケーションが取れるかということと、ITが好きかという点です。特に開発に仕事は新しい技術が日々出てきます。そしてそれを学び続けなければならないため、プライベートも全部プログラミングくらいの人の方が望ましいです。

逆にプライベートは確保したくて、業務に必要な知識は業務で身に付けるという発想は危険です。この点には気を付けた方が良いでしょう。SEは一生勉強とよく言われますが、これは事実で、よほどプログラミングが好きとかでなければ苦痛なはずです。

この点で他の職種と大きく異なります。他の職種であれば、会社で出世するために成績を伸ばそう、楽に仕事できればそれでいいや、などが普通なのですが、SEの場合はそのいずれとも異なるケースが多いです。

数字が好きすぎて銀行員をやっている人は少ないでしょう。しかしIT業界の人は仕事もプライベートもプログラミングをずっとやっている人が多いです。

参考にしたサイト:http://se転職ちゃんねる.com/
転職したシステムエンジニアがSE転職のノウハウをまとめています。

Filed under: 常駐SEの転職 — デコレーション 2:04 PM